車下取り

新型スバルレガシィB4

1989年に初めてレガシィが登場した頃にセダンとワゴンタイプのボディが作られました。
特にセダンの方はスポーツタイプのイメージが強いのが特徴となっています。
レガシィB4は3代目のレガシィが発売される時にセダンにB4というサブネームがつけられ、
今に至ります。
レガシィB4はトヨタのアルテッツァと競い合っていましたが、
アルテッツァにはないフルタイム4WDでターボ車という魅力で
ユーザーを虜にしていたところがあります。
というのもそれだけの魅力がありながらも、
値段は新型モデルになってもあまり変わらなかったという割安感があったからです。
ちなみに新型スバルレガシィB4は、従来のモデルに比べて滑らかなラインのデザインが採用され、
引き締まった印象が強くなっています。
それでいて燃費を良くするためにECOゲージの採用もしているところも魅力の一つとなっています。
また、新型レガシィはSI-DRIVEが一番注目されるべき部分ですが、
ボディを強化するなど、見えない部分もパワーアップされているところも忘れないで欲しいところです。
魅力一杯の新型スバルレガシィB4は、きっとユーザーを満足させてくれること間違いなしです。